家を売る時の不動産会社との媒介契約

投稿者: | 2017.04.02

不動産を売却するのはとても大変です。売却する際に必要な知識も重要なポイントになりますし、何より買ってくれる方を探す労力なども重要になります。その為、一般的に家を売る事になったら、不動産会社と媒介契約をします。宅建業法第34条の2には、不動産会社が媒介契約または代理契約を結ぶ際には、「媒介契約書」を交付しなければならないと定められています。この媒介契約の内容が大きく異なってくるのは、不動産会社単独に依頼するのか、他の不動産会社に同時に依頼することが出来るのか、依頼者が自分で見つけてきた相手と取引ができ自宅るかによって異なります。その為、不動産を売却する時に契約する媒介契約は一般媒介契約と専任媒介契約、専属専任媒介契約の3種類に区分されているのです。

その中で最も一般的なのは一般媒介契約です。一般媒介契約は、複数の不動産業者に同時に媒介、代理を依頼する事が出来ます。また、自分で買主を見つけて契約する事も可能となっております。沢山の方に依頼する事ができますので、単独契約よりも納得のいく売買を擦る事ができる可能性もあります。しかし、不動産会社にとっては、他の不動産会社に持っていかれてしまう可能性が高いのでリスクがあり契約したがりません。

そこでこちらのページでは、早目に確認しておいて欲しい専任媒介契約と専属専任媒介契約の違いや専任媒介契約の特典などについての情報をご紹介しますので、ぜひチェックしてください。